2018年1月16日 (火)

咲き誇る・・山茶花(サザンカ)

花名は中国語で椿類を指す山茶に由来し、山茶花(サンサカ)⇒サザンカに転訛したものです。

学名のCamellia sasanquaは、江戸時代に長崎の出島からヨーロパに伝わった和名です。

20180107

ツバキ科、原産地は日本の園芸品種、樹高は2~5メートル、



20180107_2



開花期は11~3月、花色は桃・紅・白・複色などがあり

咲き方も一重咲き・半八重咲き・八重咲きなど多彩です。

ガザニア・・勲章菊(クンショウギク)

ガザニアはアリストテレスなどの書物を、ラテン語に翻訳したガザさんに由来。

和名の勲章菊は、花の色や形が勲章に似ていることから。

20161221

キク科、原産地は南アフリカ、草丈は15~40センチ、

20161221_2



主な開花期は5~12月、花色は黄・ピンク・赤・白・複色などがあります。

花は晴れた日中に開き、日の射さない曇りや雨・夜間は閉じます。

2018年1月15日 (月)

庭の果実・・白実南天(シロミナンテン)

白実南天は果実が成熟しても赤くならず、やや黄味を帯びた白色の品種です。

茨城県以西の山野に生育しますが、多くは庭木として植えられています。

20180101



メギ科、ナンテンの園芸品種(変種)、樹高は1~3メートル、
20180101_2



観賞期は11~2月、晩秋から冬にかけて白色の果実(小球形)をたくさんつけます。

シネラリア・・蕗桜(フキザクラ)

和名の蕗桜は葉の形が蕗(フキ)に似ていることから。

冬の花壇に鮮やかな色彩を与えてくれる貴重な存在です。

20171221_2

キク科、原産地はカナリア諸島、草丈は20~60センチ、

20171221_3

開花期は1~4月、冬から春にかけて、カラフルな花をこんもりと咲かせます。

2018年1月14日 (日)

雪原の果実・・黄烏瓜(キカラスウリ)

カラスウリはカラスが好んで食べるから烏瓜と書きますが、カラスの好物ではないようです。

黄烏瓜は秋に縦長の縦じまの緑色の実⇒熟すと黄色になります。

20161216
ウリ科カラスウリ属、本州・四国・九州の雑木林・竹藪・垣根などに絡み付きます。



20161216_2



黄烏瓜は全体に毛が少なく、果実も大型で10センチ程になります。

昔は烏瓜の根のデンプン質を、天花粉(テンカフン)の代用として汗知らずに用いました。

可愛らしい花・・プリムラ

プリムラはprimos(最初)が語源で、早春花が他の花に先駆けて咲くことから。

冬から春の花が少ない時期に、鮮やかな色彩の花を咲かせる草花です。

20170115



サクラソウ科、原産地は交配種、草丈は10~30センチ、
20170115_2
開花期は12~4月、葉のすぐ上でまとまって花が咲きます。

花色は赤・白・ピンク・紫・黄色など豊富で、花ビラは桜のようで可愛らしいです。

2018年1月13日 (土)

鮮やかな花・・寒牡丹(カンボタン)

名前は寒い時期に咲く牡丹から寒牡丹と呼ばれるように・・。

寒牡丹は春に蕾を取り、夏には葉を取り冬に花を咲かせたものです。

20180113
ボタン科、原産地は中国西北部、草丈は1~1・5メートル、
20180113_2
開花期は11~1月、花の大きさはやや小さめで、ピンクの鮮やかな花を咲かせます。

«冬野に咲く・・ウィンターグラジオラス